FAQ詳細内容をご確認ください

リネージュIIでGameGuardエラー 340、350、360、361、380が表示されました。

GameGuardのアップデートに失敗しています
以下のような原因によって、正常にアップデートが行なえない場合に発生するエラーです。

案択によって、解決を試みてください。

 

1. セキュリティプログラム(ファイアウォールなど)による接続制限
セキュリティプログラム(ファイアウォールなど)によってGameGuardの接続が制限されていると

アップデートが行なえない可能性があります。

セキュリティプログラムの設定を変更して接続を許可するか

ゲームをプレイするときに限りセキュリティ機能をOFFにしてください。

また、ローカルネットワークや公共機能などでファイアウォールが用いられている場合は

ネットワーク管理者にご相談ください。

※セキュリティ対策ソフトの設定変更にとしては、各製品のマニュアルをご参考いただくか

セキュリティ対策ソフト各製品サポート窓口にお問い合わせください。

2. インターネット回線の異常
インターネット回線が頻繁に切断される環境では、アップデートに失敗することがあります。

インターネット接続設定に誤りがないかを確認、または接続業者(インターネットプロバイダ等)

ネットワーク管理者などにご相談ください。

3. プロキシ(Proxy)サーバの設定
プロキシ(Proxy)サーバを使用していることで、アップデートに失敗することがあります。

InternetExplorerのメインメニューから[ツール]→[インターネットオプション]→[接続]タブ→[LANの設定]と

選択し、[ローカルエリアネットワーク(LAN)の設定」ウィンドウを開いてください。


「プロキシサーバ」の「LANにプロキシサーバーを使用する」にチェックが入っている場合

クリックしてチェックをはずし、「OK」ボタンをクリックしてください。


4.Windowsのhosts ファイルを変更してしまっている場合
Windowsのhosts ファイルをご自身で設定を変更してしまっている場合は、もとの設定に戻してください。

 

5.GameGuardのファイルが破損している場合
GameGuardのアップデート時などに正常に処理が行われずファイルが破損している場合なども考えられます。
この場合、GameGuardフォルダ(インストールしたLineage IIフォルダ内systemフォルダの中にあります。)を一旦削除し、起動時にフルチェックを行ってから再度動作をご確認ください。

 

© NCSOFT Corporation. Lisensed to NC Japan K.K. All Rights Reserved.